四川料理特集の第二弾!今回は楽山市(ラーシャン)のオススメ四川料理だ

楽山か、初めて聞いたかも!

もしかしたらあまり馴染みないかもね!でもこの街には世界遺産が3つもある、とっても歴史的な所なんだよ!

世界遺産3つ!楽山(ラーシャン)へようこそ!

(写真:楽山大仏)

四川楽山には、現在3つの世界遺産があります。
①90年かけて作られたといわれる巨大な大仏:「楽山大仏(ラーシャンダーフー)」
②中国仏教の聖地の山:「嵯眉山(アーメイシャン)」
③清時代より350年、民を支えたかんがい施設:「東風堰(ドンフォンイエン)」。

といった具合に、観光もりだくさんのエキサイティングな場所ですが、忘れてはいけないのがグルメ!
人によっては「四川省で一番おいしい街として名高い」ともいわれるほど!
今回は特に人気のあるレストラン4店をご紹介します!

楽山・人気四川料理店4選

#1 趙鴨子(新村総店)

店名 趙鴨子(チャオヤーズ)
住所 阳光广场新村街169号
人気料理 甜皮鴨

甜皮鴨(ティエンピーヤー=甘皮ダック)は北京ダックのような楽山の名物です。人気店なのんで、毎日混んでいます。甜皮鴨の作り方は特別ですよ。最初にあんかけをかけた後に、油で揚げます。そして様々な種類の甘いシロップをかけて出来上がりです。皮はキラキラと透き通り、口の中に甘い香りが広がります。

#2 叶婆婆鉢鉢鶏

店名 叶婆婆鉢鉢鶏(イエポーポーボーボージー)
住所 東大街37号
人気料理 鉢鉢鶏

「イエポーポーボーボージー」と片仮名表記すると意味わかりませんが、
■叶婆婆「イエポーポー」:叶おばさん
■鉢鉢鶏「ボーボージー」:鶏肉の鉢漬け(楽山生まれの名物料理)
となります。
楽山の鉢鉢鶏は100年以上の歴史がありますが、特に叶婆婆が一番人気の有名店です。食べ方は「紅油」と「藤椒」の2種類あり「紅油」は見た目こそ激辛に見えます(写真)が、実はそれほどでもないので、お試しあれ!
ゴマたっぷりの鉢鉢鶏と、楽山の地ビール「峨眉雪」は史上最高の組み合わせといえるでしょう!

#3 牛華八婆麻辣烫

店名 牛華八婆麻辣烫(ニュウフアバーポー マーラータン)
住所 牛华镇商业步行街口
人気料理 牛華麻辣烫

麻辣烫(マーラータン)は日本でも池袋や横浜を中心に専門店ができ始めており、辛い物好きの間では密かなブームになりつつあります!ピリッとスパイシーなスープに、串にささった様々な具材を入れて煮込む料理です。
実はこの、中国でも超ポピュラーな「麻辣烫」は楽山発祥の食べ物なんですって!
今回ご紹介する「牛華八婆麻辣烫」は、中国の超人気グルメ番組「舌上中国3」で取り上げられて以来、大変有名になりました。竹串に肉と野菜をさして食べるので、イメージは焼き鳥に近いですね!

#4 老石橋跷脚牛肉

店名 老石橋跷脚牛肉(ラオシーチャオ チャオジャオニュウロウ)
住所 桂花路79号(近老石桥)
人気料理 跷脚牛肉

楽山の中でも、最も古くからある郷土料理が「跷脚牛肉(チャオジャオニュウロウ)」です。
今回ご紹介する「
老石橋」は営業15年の老舗になります。毎朝新鮮な牛肉とモツを、少量ずつ手で処理しています。営業時間は「売り切れ」まで。日によっては夕方前にはクローズしてしまいますのでご注意ください!
「跷脚牛肉」はスープ出汁が最も重要で、多くの
調味料に漢方薬を加えて、コトコトじっくり丸一日煮込みます。そのことで漢方の特有の臭さが飛び、香ばしいスープだけが残ります。もちろん口当たりもまろやか。
干海椒面儿(唐辛子の一種)をつけて食べてみて。また食後のデザートには「三鲜冰粉」も一緒にどうぞ。

(引用元記事:https://mp.weixin.qq.com/s/BykVIKUaXAk5_Ummhv3bLQ)

楽山へのアクセス方法

移動 成都→楽山 高速鉄道/1時間、バス/約2時間
費用 高速鉄道/二等席:51元(約850円)、バス:50元前後

楽山(ラーシャン)には成都からの日帰り旅がおススメです!
世界遺産を巡り、美食に舌鼓を打つ、そんな贅沢で悠久な時間を過ごしてみませんか。