今とにかく話題のファーウェイ。一部にはもうオワコンだという声もあるが、実際現地での受け止められ方はどうなのか、ちょっと見てみよう。

温度差がありそうだよな

今回は過去3度あった試練をあげて、比較検証をしてみるぜ!

米政府の制裁措置

(本記事は書き途中です)

具体的なダブルパンチ

以下内容がファーウェイにとって痛手です。

・2019年5月15日、ドナルド・トランプ大統領より、米国企業による非米国企業の通信機器使用を禁止する大統領令に署名。
・米国政府の許可なしに米国製品を輸出できない規制リストにファーウェイを追加

事実上のファーウェイへの部品輸出禁止となり「Google」「Amazon」も取引を停止(直販などの一部に限る)したと報じられました。

制裁の背景とは

主な背景には、まもなく開始する「5G」の通信インフラを、ファーウェイほか中国のベンダーに支配されることへの警戒があるようです。

さらに、中国企業の通信機器にはバックドア(IT用語:直訳は「裏口」転じて「コンピューターへ不正に侵入するための入り口」という意味)が仕込まれている可能性も示唆しています。

んー、我々個人の情報セキュリティも、もはやITインフラを独占した企業にすべて統括されてしまう、そんな戦争がとうに起きているわけですね。

ファーウェイ側の捉え方

ただし、ファーウェイ側の見解は、中国国内で、ICの基幹部品については、「海思(ハイスー):ファーウェイの子会社・IC部品サプライヤー」が開発に成功し、自社でサプライヤーチェンを構築できるので危機ではないと宣言しました。

とはいえ、楽観視できる状況ではありません。

これからファーウェイはこの危機を乗り越えられるかどうかは不透明と言わざると得ないでしょう。さあどうなる。

そこで今回は、ファーウェイが過去3回の試練を乗り越えてきたことを振り返り、今回の危機をの乗り越えられるか検証してみたいと思います。

最初の試練:電信業界に参入時

レッドオーシャン市場

ファーウェイの最初の商品は「スイッチ」です。当時の主な顧客は学校および企業でした!

もちろん当時も同業界の市場競争は熾烈でレッドオーシャン。

例えば、郵電局向けのスイッチの供給には、当時、大手グローバルメーカーがほぼシェアを占有し、よって利益率も高い状況でした。

そこで、中国国内のローカルメーカーも市場参入を企図します。

郵電局は農村エリアや過疎地なども多く、顧客ニーズとして、現地商品の購買意欲はありました。ただし一方で、郵電局側の購買ライセンスが必要です。

ファーウェイも当時、この市場を狙って、郵電局の購買ライセンスを獲得、ちょうど切替時期の1993年に「空気分解技術」を使用した郵便局用の交換機「JK1000モデル」を開発。

この「JK1000モデル」がファーウェイの市場参入のチケットとなりました。

品質問題をチャンスに変える

ただ、当時まだこの市場について判断しきれておらず、開発リソース投資をあまりしませんでした。

そういった事由もあり、「JK1000モデル」からは「煙が出る」などの品質問題が発生。

その際のファーウェイの講じた対策とは、従来型のアフターサービス
「修理」ではなく、
「新品交換」することです。

煩雑な手続きを経て、かつ時間も要する「修理期間」が一切不要で、即日から新たな商品が使用できるため、これは消費者側からもメリットがあり、評判になりました。

中国市場におけるユーザーとしては、問題が起きた際の
〇「オペレーターの態度」
〇「問題解決のスピード」
などが特に重宝されます。これは日本市場で「当たり前」とされるアフターサービスを受けている、我々日本人とは、やや重きが異なる点ですね。

そしてここでのポイントは、保証期間を超過したあとの「新品交換」の実費は、原則、購入者負担となる点ですが、上記背景があるため、ここでのクレーム等はおきません。

新品交換のオペレーションによる市場は、売切りの市場と比べてまだブルーオーシャンで、利益を得ることができました。

給料未払いも開発を断行

そしてファーウェイの業績が上向き始める中で、急激な市場変化が起こります。郵便局のシステムをグローバル仕様と同期させるために、大幅に容量等のスペックを高める必要がでてきます。

この波を乗りこなすため、ファーウェイは一挙に多くの優秀なエンジニアを採用、「C&C08モデル」開発に多額な投資を開始します。ちなみにこの投資はすでにキャッシュフローを焦げ付かせており、翌月の従業員の給与も支払えない状況でした。支払えない給与は全て借用書を毎月結びます。

しかし代表の任正非は、全てを賭け「C&C08モデル」開発を断行しました。当時を振り返って任氏は「もし開発に失敗していたら、責任を取ってビルの屋上から身投げをしていたでしょうね」と冗談のように回顧します。

結果、同モデル開発は大成功、郵便局から採用され、ファーウェイは成長期に入ります。

第二の試練:XXXX

第三の試練:XXXX