既に日本でもニュースになっていたけど、中国の最近のユニクロ騒動をもう一度見てみたい

オイルは初耳だぴょん

最近、マレーシアに行くことがあったのだが、そこのユニクロでも長蛇の列だったよ!このKAWブランドのグッズの力は凄いんだな

ユニクロで長蛇の列

まるで人気レストランや人気アトラクションのように、ユニクロの前に長蛇の列ができています。

見てください…この列を。知らない人が見たら何事か、と思いますよね。

お目当てはKAWコラボTシャツ

彼らのお目当ては、このユニクロのオリジナルブランド「UT」と、KAWSのコラボTシャツ「カウズ:サマー(KAWS:SUMMER)」です(日本では6月7日発売)。

中国では日本に先駆けて、6月3日に先行発売されました。中国価格は99元(約1600円)

KAWSブランドのTシャツが、この安価で買えるとあって、この長蛇の列ができたのです。

現場はまさに戦場・・・

現場ではダッシュで奪い合い、時にはケンカに発展してしまったことも。

その際の痕跡がこんなところに。このサンダルの持ち主は、きっと片足裸足で、Tシャツをゲットしたことでしょう。

これはいけません、マネキンの服を脱がしています。

腕が、、、無残にもがれています。

最終的にはこのような姿に。ここは戦場なのです。

勝者は…

このおば様です。でも確か中国でも1人同一デザインで1枚まで、という縛りがあったような。。。レジが通ったのかどうかは分かりませんが、この貫禄なので通した気がしますね。

ネットも一瞬で完売

言わずもがな、ユニクロ公式販売店ではすぐに完売でした。

KAWSとは?

そんな騒ぎの火付け人、今超人気のKAWSとは何者なのでしょうか。1974年生まれ、米ニュージャージー出身のストリートアーティスト。本名はBrianです。

大学卒業はディズニー関連の会社やMTVなどの現場で、非正規で雑用のバイトをしていたとのこと。

その後、友人のツテでその後の作風につながる、コミカルなドクロ風のイラストで、バス停などに広告を出したことから、物語が始まるようです。

KAWSの作風 “Original Fake”

KAWSの作品の一番の特徴は、目が「××」になっている点です。目の「××」を見てKAWS作品だと分かるくらい、全てに一貫している作風になりますね!

ちなみに上記のミッキーマウスのようなコスチュームを着たキャラクターは、彼の作品で特に人気のある「Companion」です。

Original Fakeという非常に画期的な手法を編み出しています。

様々なキャラクター・ブランドとコラボ

Original Fake技法を用いて、有名なキャラクターとも多くコラボを果たしています。

シンプソンズ(のような)キャラクター、キンプソンズ(Kimpsons)

セサミストリート(のような)キャラクター。

鉄腕アトムまで!

またブランドとも多くコラボを果たしております。

世界のエアジョーダンに、KAWSの代表キャラ「Companion」ですね!

日本での発売は

日本でのこの「カウズ:サマー(KAWS:SUMMER)」の発売日は6月7日(金)。

メンズとキッズのTシャツのほか、トートバッグを含む全21型をラインナップとのことですが、既に本日(6月8日)に近所のユニクロを除きましたが、XL・XSサイズを除き、ほぼ完売状態でした。

中国ほどの戦場・バトルにはなっていませんが、日本でも人気は当然高いのですね。

ちなみに価格は
・メンズ:1,500円
・キッズ:990円
・トートバッグ*1,500円(いずれも税別)

とこれまたかなりお手頃!

ゲットできた方は良かったですね!

 

本日の内容は以上です。
ここまでお読みいただき、ありがとうございました!