テカポ湖って聞いたことあるかね?

自分、勉強不足で知らないっす

うむ、猛省するように。テカポ湖(レイク・テカポ)といえば、氷山から融け出した水に、岩石の粒子が混じり、独特のターコイズブルーをたたえた聖なる湖だ。星空観測ツアーなどでも有名だぞ。僕はね、本当に感動したのです。それをまとめますよ。よろしい?

テカポへのアクセス

テカポには空港がないので、
インターシティーバス」というバス会社が運営している長距離バスで行きます。

・クライストチャーチ
・クイーンズタウン
いずれからも出ていて、それぞれ約3時間半~4時間ほどかかります。

バスの車窓からもニュージーランドの広大な風景が楽しめますので、とても良いバスの旅になること間違いないです。寝たらもったいないですよ!

バスの事前予約方法

上記の長距離バスは、できればご自身で予約するようにしてください。
ツアーなどに申し込まない方が、ずっとリーズナブルに、充実した旅を楽しむことができます( ・∇・)

こちらのサイトから、予約は簡単にできますよ!(英語サイトですが大丈夫です)
https://www.intercity.co.nz/

操作方法

Book Travel(上記ピンク枠)のタブより

Fromに「Chirstchuch」もしくは「Queenstown
Toに「Tekapo

と入力します。
最初のアルファベット2文字をタイプすると候補がたくさん出てきます。

●Departの欄には、出発予定日
●Returnの欄には、帰りの予定日

を入れますが、往復チケットではない場合「Return」の部分はOr Travel one way」を選択します。

※実際私も、クライストチャーチテカポ、テカポクイーンズタウンと移動したため、片道チケットを2枚購入しています。

あとは各Stepに従って、最後はクレジット決済をしてください。

予約・購入が完了したら、インターシティの公式アプリをダウンロードしてください。

予約番号(Booking Reference)を入力すると、搭乗券を見ることができますよ。

これで一安心ですね!!

テカポへ到着

雲ひとつない晴天!!

見てください、この吸い込まれるような、独特なターコイズブルーの色を。。。
私は感動しきりでした。

また近くに有名な観光スポットとして…

善き羊飼いの教会

バウンダリー犬の像

もあるので、併せて見ておきましょう!

テカポのオススメ宿泊先

断然オススメなのがこちら。
YHA Lake Tekapo
https://www.yha.co.nz/about/tekapo

いわゆるユースホステルですが、私史上、ダントツで綺麗なホステルでした。

ここが共有スペース。
テカポ湖を一望できる絶景。電源もあるし作業が、まあ捗りますよ。

キッチン。
近くに大型スーパーもあるので食材を買い出しして、ここで料理をしても良いですね。

ロケーションはここです。

まさにど真ん中の、超素晴らしい絶好のロケーション。

まず長距離バスの発着場から徒歩3分という好立地な上に、後述する、テカポの有名な「マウントジョン天文台ツアー」のオフィス(Dark Sky Projectと言います)も真横にあります。

値段は一晩2500でした。

テカポ周辺の施設紹介

テカポはこじんまりとした街で、全てが徒歩圏内です。

Our Dog Friday

ハンバーガー屋。
牛肉と羊肉をブレンドした、独自のパテが人気。

湖畔レストラン

日本料理店。
近くの港から直送されるサーモン丼は、絶品だと評判です。

Tekapo Springs

温水プール、スケート、サウナやスパなどの複合施設。
テカポ湖を臨む温水プールは、気持ちよかったです♪

Aotea Gifts Tekapo

ニュージーランド各所に展開する、有名なお土産屋さん
一通りのものが揃います。

Four Square Tekapo

チェーンの大型スーパー。
ここで買い出しをしましょう!チーズが安くて美味しかったです。

マウントジョン天文台ツアーってどう?

今回のテカポ旅行のハイライト、多くの方がこの「マウントジョン天文台ツアー」に参加することでしょう。私もワクワクして参加いたしました。何故なら、この日は雲一つない快晴です!これは満天の星空が期待できそうですね!!

ツアー概要

●主催:Dark Sky Project
●値段:175NZドル(約12,000円)
●時間:約2時間
●補足:日本語ガイド・ホットチョコレート・貸しダウン付き
※値段は正規価格ですが、代理店を介して事前に申し込むとディスカウントされたりします。

ツアー料金としてはやや高い気がしますが、本ツアーに参加しないと、夜間はマウントジョンという高台への入山許可が降りません。
ちなみに星空は地上でも見れるには見れます。

快晴だったのに、天敵は意外な”あれ”

ドキドキを胸にバスに乗り込みます。もう満天の星空に、流れ星がビュンビュンときらめく、そんな幻想的なシーンばかりが浮かんできます。

山頂に着きましたが、あれ?

意外と地上で見えてた星と同じくらいな印象。。。何でだろう??ふと周囲を見渡すと、この暗闇の世界に、一際爛々と輝く存在がありました。

そう…月です。
この日は夜も快晴だったのですが、満月の夜だったんです(>人<;)

月ってこんなに明るいものかと思うくらい、まるで蛍光灯のように夜空に輝き、周囲の星々の光をかき消しているようでした。ガイドの方からも「月光をなるべく視界に入れないようにしてください」と注意が入るほど。

天体観測に、天気が影響することはもちろん理解していましたが、まさか月の状態も影響してくるなんて…!!理想は新月かつ快晴の日ということですね。

土星の輪を見た!

マウントジョン天文台の特殊な望遠鏡を使用して、土星の輪がハッキリ見えました。生まれて初めて見た土星の輪は、何だか可愛らしくて、実在しているものと想像するのが難しいくらいでした。

これぞ南十字座・サザンクロス!(実撮影画像)

南半球でしか観測することができない、南十字座(よく言われる「南十字星」というの誤りということです)の観測ははっきりできました。

上記は友人が持参していた「GoPro」のカメラで、周囲の知識人より特殊な撮影方法を教わりながら実際に撮影したものです。よく撮れています。(携帯などのカメラではただ真っ暗な画面が残るのみです)

サザンクロスを初めて見ることができて、良かったです。

【結論】結局行くべきなのか?

検証すべきは、コストパフォーマンスの観点から、12000円ほどの価値が果たしてあるのか?でしょう。個人的な見解ですが、正直「微妙」です。

何故か?

快晴という完璧な条件が揃っていたのに「満天の星空」からは、程遠い状況でした。
満月という条件が、どこまで影響したのか? こればかりは、新月の状態で改めて見ない限りは検証ができませんが、とにかく期待していた星空ではありませんでした涙

また日本人ガイドの方は一生懸命、豊富な知識をベースに星座について説明いただけるのですが、ずっと2時間しゃべり続けられるので、休憩も、一切の自由時間もなく2時間が過ぎていきます。気がついたら、ではバス移動しまーす、と促されます。
よって、残念ながら夫婦やカップルで、ロマンティックな時間を過ごすことができません。

また、てっきり寝ながらゆっくりと見るものかと思っていましたが、立った状態でずっと2時間、空を見上げることとなります。

ツアー価格が半額の5000円程度であればありかな?、といった内容でした。

(PS:星空のレベルで言えば、高校の時に修学旅行で行った、北海道・洞爺湖の星空の方が上でした)

 

本日の内容は以上です。
ここまでお読みいただき、ありがとうございました!