今回もインスタ映えシリーズ、超オシャレな「本屋・図書館」の2回目スタートだ!

前回のも全て気になりましたー

本屋・図書館なのでもちろん”入場料”などは不要、≪無料≫で入ることができる。感性を刺激してくれるアートに身近に触れる、その意味でも行く価値が高いと思いますね!

之禾书店(之禾書店)

木をコンセプトにした店内は、とてもシンプルでリラックスができます。ソファー席でゆっくりと本を読みながら、コーヒーもいただける店内です。

店舗情報

店名 之禾书店
住所 合川路2070号(近宜山路)科技绿洲三期2号楼1-2F
電話 021-24269598
営業時間 月・水・金曜 11:00-20:00
火・木・土・日曜 11:00-19:00

内観・外観

こうしたシンプルな環境下においては、何故か自然と自分の好きな/求めている本が見つかるんです。

吾同书局(吾同書店)

上海の人気観光エリア「豫园」にあるこちらの本屋さんには、14種類の特設コーナーが設けられています(映コーナー、音楽コーナーなど)

店舗情報

店名 吾同书局
住所 方浜中路265号华宝楼3F
電話 021-63390309
営業時間 月曜-木曜・日曜 09:00-21:00
金曜・土曜 09:00-22:00

内観・外観

おすすめスポットは、露天カフェエリアです。直接日光を取り入れて、大変気持ちがよいですよ!

敷地面積は1700㎡。シンプルな配列と、原木の温かみを感じられます。

思南书局(思南書店)

古い時代の建物を使用、内装は赤を中心にしたデザインに黄色のライトを使用して、別世界を演出しています。

店舗情報

店名 思南书局
住所 复兴中路517号
電話 13917497850
営業時間 月曜-日曜 10:00-21:30

内観・外観

・1階:個室も併設。好きな本を、一人の空間でゆっくり楽しむことができます。
・2階:喫茶コーナー。心地よいソファーに座って、美味しいコーヒーをどうぞ。
・3階:展示会用のフロア、不定期開催。

本店の特徴の一つは、約3割が英ロンドンから取り寄せた本である点、全てロンドンで話題のある本です。

衡山和集

センス抜群の書店、ブティック、カフェが集まる徐家匯エリア「衡山坊」にたたずむ本店は、3階建ての洋館、蔵書は2.5万冊、500種類もの海外雑誌を取り扱っています。

店舗情報

店名 衡山和集
住所 衡山路880号
電話 021-54240100
営業時間 月曜-日曜 10:30-22:00

内観・外観

1階部分はまるでカフェのような心地よい空間、2階には建築・絵画・芸術などの画集があります。

また3階は海外雑誌専門コーナー、500種類もの国外の雑誌が所せましと置かれています。

ここには映画業界、建築業界、アート業界、旅行者など、多くのバックグラウンドを持つタレントが多く集まってきます。もちろん日本の画集もあります!

大隐书局(大隐書店)

深夜2時までオープンしている五角場店は「深夜書店」とも呼ばれています。上海といえど、この時間まで営業している本屋さんは本当に珍しいですね。

本店(武康大楼店)は22時までの営業です。

店舗情報

店名 大隐书局
住所 淮海中路1834号-1(宋庆龄故居武康大楼)
電話 021-33566912
営業時間 月曜-日曜 10:00-22:00

内観・外観

店内は木をベースにした床や椅子でレイアウトされており、とてもリラックスできます。

落ち着くBGMも流れていて、都会の喧騒から一時離れて、ゆっくりと本の世界に溶け込むことができます。

なんと店内には茶室も併設されております!これは嬉しいですね。全7席。

美食图书馆(美食図書館)

食事をとりながら、ゆっくり本を読める最高の空間!

なお、店名は「図書館」ですが、本屋さんです。

店舗情報

店名 美食图书馆
住所 天平路326号3楼
電話 021-54245569
営業時間 月曜-日曜 10:30-22:00

内観・外観

主に食品関係の書籍を多く取り揃えています。各言語で書かれた海外の料理本など、なかなか入手しづらい本が多くあります。

ランチセット(西洋料理)を食べながら、ゆっくりと本に出会う、そんな至福な時間を過ごしませんか。

MUJI BOOKS

無印良品が運営する本屋さん。生活用品と書籍の融合がコンセプト、人類最古のメディア(=本)への原点回帰もメッセージとして掲げています。

店舗情報

店名 MUJI BOOKS
住所 淮海中路755号
営業時間 月曜-日曜 10:00-22:00

内観・外観

上海のMUJI BOOKSは、衣·食·住·行·育·楽の6種のメインテーマに基づき空間デザインされています。

約3万冊の厳選された本。時間を気にせず、ゆっくりとご自身の”魂”が震える1冊に出会えますように。

 

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!
(引用元記事:https://mp.weixin.qq.com/s/UlLuUxrb0UqZ_ghVbIZc0w