一応、今回で本ブログも100本目ということらしい。

そうなのね!次は1000本だね!

少しずつ、ヨチヨチ行こう!そして、より質の高いコンテンツをお届けできるよう、これからもよろしくお願いします!!

世界で旋風!Museum of Illusions(MOI)とは?

クロアチア生まれの幻影博物館「Museum of Illusions」(以降、MOI)。創立は2015年~。

現時点、米ニューヨーク・加トロント・ドバイなど、世界16拠点に展開中、さらに仏パリ・伊ローマなど15拠点へ展開予定で計31か所!!(2019年7月時点)
(※ちなみに、予定地に現時点、日本は含まれていません。。。とほほ)

前回の「Rain Room」もそうですが、世界的なヒット作品で、中国上陸・日本未上陸が増えてきたような気もしますが、気のせいですかね?

そんな話題の幻影博物館が、お隣中国・上海に上陸しました!
我々が体感するならば、ここが一番近いですね。

それでは、上海のMOI Shanghaiの内容を見てみましょう~!

MOI Shanghai 施設紹介!

MOI Shanghaiには、約80の仕掛けと6種類のテーマがあります。
・反重力
・身体縮小
・空間歪曲
・錯視

等々、今日はご自身の五感を信じてはいけません

では実際に見ていきましょう!!

公式HPはこちらから!

Rotated Room ~逆さまの部屋

驚きの部屋ですね。まさに天変地異・天と地が180°ひっくり返ります
ここでは、創造力に制限はありません!

Anti-gravity Room ~反重力の部屋

この部屋で平衡感覚を保っていられたら大したものです。おそらくアスリートなどプロの道へ進んだ方がいいです。普通ならゆっくりと歩くことしかできません、常に揺れ動きながら。。。
なぜなら、私たちの脳が錯覚を起こしているのです。

Ames room ~突然変異(身体縮小)の部屋

巨人の王国へようこそ!この部屋では、仲良く“進撃の巨人ごっこ”ができますね。
片方が巨人に、片方が小人になります。

この部屋は米国の高名な科学者”アデルバート・エイムズ・ジュニア”の名前にちなんで、エイムズの部屋(Ames room)と名付けられました。彼が1946年に同コンセプトの部屋を、世界で初めて作り出しました。

The Vortex tunnel ~渦のトンネル

銀河系をワープする感覚が味わえる不思議な空間。
時間と空間の”うず”に巻き込まれましょう!

Clone table ~クローンテーブル

この6人掛けの円卓につくと、不思議な現象を目の当たりにします。
なんと残りの5名も全部自分自身なのです!!

この円卓で、トランプを数枚まとめて一斉に宙に投げてみましょう!
不思議と、宙のトランプは同じ放物線を描いて地面に落ちていくことでしょう。

Infinity Room ~無限の部屋

さらに多くの自分に出会える場所はここです。
無限に続く合わせ鏡。まさに不思議の国・ワンダーランドです。

Infinity tunnels ~無限のトンネル

人生の多くで私たちは“底なし”を経験したことがありますが、
この場所では、少し恐ろしい気持ちになります。
底なしのトンネルは無限に続き…、底にたどり着くことは決してありません。

Kaleidoscope ~万華鏡

万華鏡の世界です!( *´艸`)

・・・施設概要のご紹介は、以上です!

博物館 概要

さて最後に、MOI Shanghaiの概要を紹介しましょう。

施設名 MOI Shanghai
住所 上海九江路168号礼和洋行
料金 大人 138元(約2,300円)
子供 118元(約1,900円)
開館時間 10:00-22:00(21:30最終入場)

 

本日の内容は以上です。
ここまでお読みいただき、ありがとうございました!